響-HIBIKI-

ドラマ

映画『響 -HIBIKI-(実写版)』動画を無料でフル視聴!見逃し配信

映画『響 -HIBIKI-』を無料で見よう!

今すぐU-NEXTに登録

※31日間無料でお試し

映画『響 -HIBIKI-(実写版)』動画を無料でフル視聴!見逃し配信

最近は一定の期間、作品を無料で見れる便利な世界になってきたのを知っていますか?

早速だが『響 -HIBIKI-』を無料で見るのなら、私がオススメする動画配信サービスを利用してみて欲しい。

 

しかし、動画配信サービスを初めて利用するのって、沢山あるし選ぶのってちょっと不安で大変だったりもする…

 

私が『響 -HIBIKI-』を無料で見るならオススメできるサービスを厳選しました。

そんなサービスを私なりにまとめたコンテンツとなっているので良かったら利用してみてください。

映画『響 -HIBIKI-』動画配信を無料で見る

オススメ度 動画配信サービス名 無料期間 配信状況 月額(税抜き)
★★★★★ U-NEXT 31日間 1,990円
★★★ FOD 2週間 有料 888円
★★★ Hulu 2週間 933円
★★ dアニメストア 31日間 × 400円
dTV 31日間 500円
Amazonプライム 30日間 有料 500円
Netflix なし 1,450円

サービスごとに無料期間が違っているので注意して欲しい。

 

『響 -HIBIKI-』の配信は

『FOD』
『Hulu』
『dTV』
『Amazonプライム』
『Netflix』

で配信中だ!

サービス毎に特徴をまとめてみたので見てほしい

君に合う動画配信サービスが見つかるはずだ!

本ページの情報は2021年5月時点のものです。最新の配信状況は 配信サイトにてご確認ください。

U-NEXTで 映画『響 -HIBIKI-』を配信中

第1位

U-NEXTなら映画『響 -HIBIKI-』の動画を現在配信しています。

U-NEXTでは14万本以上の動画を配信!!
最新映画から海外ドラマ、韓流ドラマ、キッズ向け作品まで
国内ドラマは各TV局の見逃しドラマ、NHK作品も好評配信中!

オススメ
U-NEXT

31日間の無料期間あり!

今すぐCHECK

FODで 映画『響 -HIBIKI-』を配信中

第2位

無料ではないが400円でレンタル可能

FODなら映画『響 -HIBIKI-』の動画を現在配信しています。

フジテレビの動画が豊富!しかも独占タイトルが5,000本以上!
過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!
それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、選りすぐりのラインアップ!

オススメ
FOD

2週間の無料期間あり!

今すぐCHECK

Huluで 映画『響 -HIBIKI-』を配信中

第3位

Huluなら映画『響 -HIBIKI-』の動画を現在配信しています。

人気映画・ドラマ・アニメなど70,000本以上!!
国内・海外ドラマやアニメ、バラエティ、映画等、
最新の作品から懐かしの名作まで
70,000本以上の作品が満載です!

オススメ
Hulu

2週間の無料期間あり!

今すぐCHECK

dTVで 映画『響 -HIBIKI-』を配信中

第4位

dTVなら映画『響 -HIBIKI-』の動画を現在配信しています。

dTVは、映画・ドラマ・アニメ・韓流・音楽など約12万作品が月額550円(税込)で見放題!!

オススメ
dTV

31日間の無料期間あり!

今すぐCHECK

Amazonプライムで 映画『響 -HIBIKI-』を配信中

第5位

無料ではないが500円でレンタル可能

Amazonプライムなら映画『響 -HIBIKI-』の動画を現在配信しています。

オススメ
Amazonプライム

30日間の無料期間あり!

今すぐCHECK

 

映画『響 -HIBIKI-』

響-HIBIKI-

響-HIBIKI-

【原作】
柳本光晴

【公開】
2018年9月14日

【監督】
月川翔

【脚本】
西田征史

【出演者】
平手友梨奈
北川景子
アヤカ・ウィルソン
高嶋政伸
柳楽優弥
吉田栄作
小栗旬

映画『響 -HIBIKI-』あらすじ

天才少女があなたの価値観を変える!「マンガ大賞2017」大賞受賞作を実写映画化

出版不況の文学界に突如現れた天才少女、『響』。15歳の彼女の小説は、圧倒的かつ絶対的な才能を感じさせるもので、文学の世界に革命を起こす力を持っていた。文芸誌「木蓮」編集者の花井ふみとの出会いを経て、響は一躍世の脚光を浴びることとなる。しかし、響は、普通じゃない。彼女は自分の信じる生き方を絶対曲げない。世間の常識に囚われ、建前をかざして生きる人々の誤魔化しを許すことができない。響がとる行動は、過去の栄光にすがる有名作家、スクープの欲だけで動く記者、生きることに挫折した売れない小説家など、様々な人に計り知れない影響を与え、彼らの価値観をも変え始める。一方、響の執筆した処女作は、日本を代表する文学賞、直木賞・芥川賞のダブルノミネートという歴史的快挙にまで発展していく。

映画『響 -HIBIKI-』のみんなの感想

響 -HIBIKI-

20代女性

原作の主人公と平手友梨奈さんが演じる響がほんとにそっくりで初主演とは思えない気迫のある演技でした。

響 -HIBIKI-

20代女性

漫画原作ということで、主人公がぶっ飛んだキャラクターでした。 曲がった事が嫌いで、自分のことは自分で責任を持ついう、鋼のハートをもった人物というところはかっこいいと思いました。

響 -HIBIKI-

50代女性

15才の少女が文学的才能を開花させ、文学賞や、芥川賞や直木賞をダブル受賞し、世間をあっと言わせ、強い人には、暴力で自己主張し、弱い人には、自分を犠牲にしてまで面倒みてあげるという響に、素晴らしさを感じました。私も、小説家志望ですが、響のような人が、とても羨ましく思いました。主役の平手さんが響にぴったり合っていたと思いました。原作は、まだ続くので応援しています。

響 -HIBIKI-

30代女性

漫画の実写化としては完成度が高い方の映画だと思いました。

響 -HIBIKI-

20代女性

主演の子も原作も知りませんが、ストーリーは面白かったです。

響 -HIBIKI-

40代女性

平手さんのキャラクターに役が合っていて賛否がありますが面白かったです。でも、テレビでも良かったかも。

響 -HIBIKI-

30代男性

映画初主演となる、平手友梨奈が主人公の響が憑依したような演技に釘付けになりました。天才小説家の誕生を学校生活と上手く織り交ぜながら映像化出来ていたと思いました。

響 -HIBIKI-

30代女性

CMに惹かれて映画館まで足を運びました。 いつもなら原作を読んでから鑑賞するのですが、CMが強烈で 原作を知らずに鑑賞しました。 正直いうと、CMほどのインパクトはなく、話もところどころ??となる場面が多かったように思います。 有名どころの役者さんをつかってましたが、レンタルで家で鑑賞してもよかったかなと思う作品でした。

 

-ドラマ